SponsoredLink
※IEでは、表示できない場合があります。(Firefox推奨)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点での戦略(6/13)

 ここ一カ月は、目標を大きく上回って取れた後、連続損切りが続いたりと思うように資金が増えない日々が続いています。

 これまでの自分のトレードを振り返り、思いついた弱点を下記にまとめてみました。
(弱点ばかりのような気もしますが(笑))

 ①確実に損切りはできているが、回数が多い。


 原因は、エントリータイミングが悪いとしか思えませんね。(^^ゞ

 個別に内容を見てみると、その多くは逆張りエントリーになっています。もちろん、逆張りした時に必ず負けている訳ではありませんが、これが原因のように思います。

 よく聞く、「逆張りトレーダーは生き残れない」ということでしょうか?

 ②勝ちトレードの際も、利益確定後に大きく動いて、利益を逃すことが多い。

 「利食い百人力」と思っていましたが、当然大きく取れる時に逃していると、トータルの成績に響きます。この辺りも改善する必要がありそうです。


以上を踏まえ、下記のように戦略を変更したいと思います。
(前回の記事よりもより詳細に書いてみました。当り前なことばかりな気もしますが。(^^ゞ)




裁量トレードです。

USD/JPYで、一回のエントリーは、必ず1万ドル。
(同時保有2万ドルまで)

目標利幅は、臨機応変に定めますが、1回のトレードで10pipsを最低ラインとします。
(大きく取れそうな場合は、損切りと同時にリミットも切り上げる)

1日の目標は、最低でも10pipsです。

○トレード手法

トレンドを見定めて、順張りする単純なトレードです。
(保ち合い離れに乗るなど)

チャートは、
「週足・日足・120分足・60分足・15分足・10分足・5分足・1分足」
を見ています。

大きい時間足から順にトレンドラインを引いていき、それらを参考に大きい足でトレンドを捉えながら、小さい足でタイミングを計るイメージです。メインは、15分足としています。

チャートに表示しているテクニカル指標は、ボリンジャーバンドと移動平均線(長短)のみです。


・エントリーについて。
逆張りエントリーをしない為に、必ず逆指値注文でのエントリーとします。
(高値を超えた時・安値を割れた時)

・リミットについて。
必ずエントリーと同時に指値注文を出します。トレンドラインやフィボナッチリトレイスメントを参考に定めています。大きく取れそうな時は、ストップ注文と同時に切り上げます。

・ストップについて。
必ずエントリーと同時に逆指値注文を出します。トレンドラインや長短の移動平均線を参考に定めています。


上記を基本としていますが、損切りと利益確定は、当初の注文より小さく変更することがあります。

リミット注文やストップ注文の水準に届く前にトレンドが反転した印象を受けた場合が、それにあたります。特別にテクニカル指標などによって、ルールを定めている訳ではなく、あくまで自分の判断です。

期間に関しては、スキャルピングに近いトレードで大きく取ることができれば一番いいと思っていますが、基本的には、デイトレードとしています。但し、リミット・ストップとも達しない場合で、かつ利益が乗っていれば、翌日に持ち越して利益拡大を狙います。


検証を繰り返す中でわかることがあれば、その都度書きたいと思います。


※本業の都合でチャートを確認できない時は、短期トレードも休みです。
スポンサーサイト

Tag : FX投資 円高 ドル円 為替

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最近の為替王はさえている

最近の為替王はなかなか参考になっている。 が、しかし、 為替王を全面的に信じて売買を行っていないので6月に入ってからというものどうも不調です。 が、しかし、取りあえずは大きなミスはしていないので資金は横ばいです。 ドル円は105円の壁を抜けもうすぐ108円
お見えになった方々
プロフィール

義朗

Author:義朗
職業:ヒラリーマン
 ゆくゆくは、現状のサラリーマンの給料以上にFXで稼ぐことが目標です。
 為替相場に慣れる意味で、長期保有・スワップ狙いのゆるゆる投資をしていましたが、2008/3/17から短期トレードのみの戦略に転向しました。
 資金面やトレードに割ける時間など、自分に合った短期トレード手法を日夜探究しています。

カテゴリ
※「未決済」と「約定」は、短期トレードに移行した為、更新していません。
短期トレード獲得pips
※取引会社が0.1pipsまで対応。小数点あり。
※ロットに関係なく、エントリー毎の獲得pips合計。
2010年  -281.8 pips
2010年 5月 - pips
2010年 4月 -927.1 pips
2010年 3月 -730.6 pips
2010年 2月 1466.8 pips
2010年 1月 -90.9 pips
2009年  2329.7 pips
(詳細は、こちらを参照。
2008年  1224.9 pips
(詳細は、こちらを参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。