SponsoredLink
※IEでは、表示できない場合があります。(Firefox推奨)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点での戦略(3/17)

本日、売り買い各2万ドルを両建てとしていましたが、全て決済しました。

両建てとしていた理由は、下落トレンドの中で、含み損の限定かつ利益を上げる目的でした。

しかし、そんなにうまくタイミングを取る技術があるわけではありません。それに、下がると予想するなら、損切りすれば良いだけの話ですし・・・。

と言う訳で、短期トレードのみの戦略に変える為にも、思い切って損切り・利益確定しました。

本日約定のこちらをみて頂ければ、損の方が圧倒的に多いことがわかると思います。

FXを開始してから、最大で4割増し程度まで資金が増えました。しかし、今回の損切りを含めて、去年から現在までで、1/5まで資産を減らしてしまいました。

ここまで負けて初めて、長期スワップ重視のほったらかし投資が、自分に合っていないことがわかりました。

具体的には、資金量とチャートを確認できる頻度です。

スワップを目的とするには、レバレッジを低く設定しなければならない上に、目標利益を達成するにはかなりの資金が必要だからです。
(欲をかかなければ、良いだけの話ではありますが(^^ゞ)

また、幸いにもチャートを頻繁に確認できる状況にいますので、短期トレードに向いていると思った訳です。

短期トレードの手法は、下記のようになっています。
2/29時点の戦略とほとんどかわりません)



半裁量トレードです。

目標は、1回のトレードで10pips以上。最低でも1日に20pipsとします。
具体的な手法は、日足や60分足で短期のトレンドを捉えながら、10分足をメインとしてタイミングを計りエントリーします。

明らかに10pips以上動くと予想でき、かつ長時間チャートを見続けられる状態の時以外は、必ず10pipsの利益で決済します。

私は、手仕舞いのタイミングがかなり下手ですので、このような戦略としました。
チャートを見ていると、もう少しだけと思ってしまい、ずるずる負けるパターンが多い為です。まだまだ利益目標を明確に定められるほどの技術はないようです。特に心理面で。(^^ゞ

テクニカル指標としては、様々なものを見て総合的に判断しています。感覚に近いものですし、明確に定まっていませんので、ここではとても公表できませんが。(^^ゞ

損切りの水準は明確には決めていません。臨機応変に対応したいと思います。
※注.損切りの重要性は認識しています。

場合によっては、損大利小のトレードになってしまう可能性が高く、負ける確率が高いトレードだということは認識していますが、暫くはこの方法で様子を見たいと思います。

検証を繰り返す中でわかることがあれば、その都度書きたいと思います。

尚、本業の都合でチャートを確認できない時は、短期トレードも休みです。

スポンサーサイト

Tag : FX投資 ドル円 円高 円安

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

お見えになった方々
プロフィール

義朗

Author:義朗
職業:ヒラリーマン
 ゆくゆくは、現状のサラリーマンの給料以上にFXで稼ぐことが目標です。
 為替相場に慣れる意味で、長期保有・スワップ狙いのゆるゆる投資をしていましたが、2008/3/17から短期トレードのみの戦略に転向しました。
 資金面やトレードに割ける時間など、自分に合った短期トレード手法を日夜探究しています。

カテゴリ
※「未決済」と「約定」は、短期トレードに移行した為、更新していません。
短期トレード獲得pips
※取引会社が0.1pipsまで対応。小数点あり。
※ロットに関係なく、エントリー毎の獲得pips合計。
2010年  -281.8 pips
2010年 5月 - pips
2010年 4月 -927.1 pips
2010年 3月 -730.6 pips
2010年 2月 1466.8 pips
2010年 1月 -90.9 pips
2009年  2329.7 pips
(詳細は、こちらを参照。
2008年  1224.9 pips
(詳細は、こちらを参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。