SponsoredLink
※IEでは、表示できない場合があります。(Firefox推奨)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点での戦略(10/1)

 blogに書くのが遅れていましたが、9月中旬からトレードルールを変更していました。具体的には、目標値幅と損切り値幅を相場状況に依らず一定、としたトレードです。

 理由は、本業の都合で数時間毎に数分しかチャートをチェックできなくなった為です。

 9月初旬は、特に相場を見られる時間が少なく、短期トレードにも係わらず、エントリー後は、ほとんど「ほったらかし」になっており、相場の変化に対応できていませんでした。その結果、9/10までで-160pipsまで損失が拡大しました。

 そもそも、相場に張り付けない環境では、臨機応変な対応ができないばかりでなく、時間的制約から利益を伸ばすトレーリングストップも使えません。
(損切り水準を切上げる注文を出す暇がありません。自動でできるFX業者ならば別ですが)

 ならば、そのような時間的な制約がある中で、短期トレードで利益を出すには?と考え(あくまで短期トレードです(笑))、目標・損切り値幅を一定とするトレードに行き着き、9/11~現在までの12稼働日で実戦検証しました。

 検証した値幅は、目標利幅を15pips損切り水準を-20pipsとしたトレードです。

 目標を15pipsとしたのは、ここ数カ月のトレード経験で、自分のエントリータイミングでは、20pips程度が確率が高い為、さらに安全をみて定めました。損切りも同様です。

 目標を前述の数値にした場合、損益分岐の勝率が57.143%になります。

 計算してみて、60%あればプラスということが分かり、手ごたえを感じました。エントリータイミングのみに集中できれば、十分に達成可能だと思ったからです。

 しかし、9月のトレード分から集計し始めた「月間トレード詳細(9月)」をみて頂ければわかる通り、月間収支がマイナスなばかりか、勝率も50%と、60%を割ってしまいました。
(検証した期間の9/11以降の分だけでも、54.72%です。)

 この結果を受けて、エントリータイミングの改良はもちろんですが、さらに値幅を変更し、トレード回数にも制限を設けました。

 1日の最大損失を限定する為に、回数にも損切りを入れるイメージです。
 裁量トレードのせいか、相場と噛み合わない時は、とことん負けてしまうことが多く、そんな時には、傷が広がらない内に撤退して仕切り直した方が良いとの考えからです。

 本当は、チャンスを待って利益はできるだけ伸ばすスタイルの方が理に適っているのは分かりますので、時間の許す場合は、トレーリングストップなどで利益を伸ばしたいと思います。

 安定的な成績になるか、戦略的に破綻するまではこの方法で行きたいと思います。

 下記に変更したルールを記載します。



 裁量トレードです。

 取引通貨ペアは、USD/JPYのみです。

 一回のエントリーは、必ず1万ドル。
(同時保有2万ドルまで)

【トレード手法】

 基本は、トレンドを見定めて、順張りする単純なトレードです。
(保ち合い離れに乗るなど)

 但し大きい足での反転ポイントでは、逆張りする場合もあります。

 チャートは、「週足・日足・120分足・60分足・15分足・10分足・5分足・1分足」を見ています。

 大きい時間足から順にトレンドラインを引いていき、それらを参考に大きい足でトレンドを捉えながら、小さい足でタイミングを計るイメージです。メインは、15分足としています。

 チャートに表示しているテクニカル指標は、ボリンジャーバンドと移動平均線(長短)のみです。

■エントリーについて。
 メインのエントリーポイントは、高値を超えた時・安値を割れた時です。
 この場合の高値(安値)とは、その日の高値(安値)という意味ではなく、メインの足での直近の高値(安値)になります。
 また、成り行き注文ではエントリーしません。必ず指値・逆指値注文でのエントリーとします。

■リミットについて。
 15pipsで、必ずエントリーと同時に指値注文を出します。

■ストップについて。
 -15pipsで、必ずエントリーと同時に逆指値注文を出します。

■トレード回数について。
 1日の損失合計が、-30pips(負けトレード2回分)に達したら、その日のトレードは終了とします。
 例えば、その日最初のトレードで2連敗したら、終了します。3回勝った後に2回負けた場合は続行です。つまり、合計でプラスの状態のまま、時間的な制約で終了するのが理想形です。

※トレードしているFX会社は、スリップページが0.1~2pips程度発生する為、実際の注文は「リミット:16pips、ストップ:-16pips」としています。

 上記を基本としていますが、相場に張り付くことができる時には、トレーリングストップなどで、利益を伸ばすトレードとします。



 検証を繰り返す中でわかることがあれば、その都度書きたいと思います。

 ※本業の都合でチャートを確認できない時は、短期トレードも休みです。
スポンサーサイト

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 トレード記録 東京外国為替市場始値

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

お見えになった方々
プロフィール

義朗

Author:義朗
職業:ヒラリーマン
 ゆくゆくは、現状のサラリーマンの給料以上にFXで稼ぐことが目標です。
 為替相場に慣れる意味で、長期保有・スワップ狙いのゆるゆる投資をしていましたが、2008/3/17から短期トレードのみの戦略に転向しました。
 資金面やトレードに割ける時間など、自分に合った短期トレード手法を日夜探究しています。

カテゴリ
※「未決済」と「約定」は、短期トレードに移行した為、更新していません。
短期トレード獲得pips
※取引会社が0.1pipsまで対応。小数点あり。
※ロットに関係なく、エントリー毎の獲得pips合計。
2010年  -281.8 pips
2010年 5月 - pips
2010年 4月 -927.1 pips
2010年 3月 -730.6 pips
2010年 2月 1466.8 pips
2010年 1月 -90.9 pips
2009年  2329.7 pips
(詳細は、こちらを参照。
2008年  1224.9 pips
(詳細は、こちらを参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。