SponsoredLink
※IEでは、表示できない場合があります。(Firefox推奨)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点での戦略(2/1)

 1月の半ばからデモにて検証していた手法を、これまでの戦略と並行して使っていくことにしました。

 前々から複数の戦略を相場に合わせて使い分けていきたいと考えていて、これまでのトレンドフォローのみの戦略以外の手法をと、テクニカル分析を用いた様々な手法を検証していました。

 しかし、トレンドフォロー戦略をずっと続けていましたので、完全な逆張り的な手法は、なかなか受入れることができず、結局押し目買い・戻り売り狙いの手法となってしまいました。(笑)

 デモでは若干損大利小だったものの、まずまずの勝率でしたので、リアルでの運用に踏み切りました。1/29からEUR/JPYにて実際にトレードしてみましたが、残念ながら狙い通りの結果とはならず、損切りの連続と、1月の成績に大きく響いてしまいました。やはりデモとリアルは、違うということでしょうか?(汗)

 しかし、デモでいい結果だった以上、問題は手法ではなく心理面だと思いますので、もう少しリアルで続けたいと思います。

 それらを踏まえて、下記のような戦略に変更します。(新しい手法は、②の方になります。)


 
裁量トレードです。

 ①手法でのターゲット通貨━USD/JPYのみ
 ②手法でのターゲット通貨━USD/JPY,EUR/JPY,他
いずれも、一回のエントリーは、必ず1万ドル。
(同時保有は、複数通貨合算で3万通貨単位まで)

 目標利幅は、臨機応変に定めます。

 1回のトレードでの目標は数十pipsとします。
 週間成績では、50pipsが目標です。
(日に数十pipsなら、週間で200pipsとしたいところですが、「3歩進んで2歩下がるのが投資」との考えからです。驕らず欲張らずの精神です。(笑))

トレード手法①,トレンドフォロー型

 トレンドを見定めて、順張りする単純なトレードです。
(保ち合い離れに乗るなど)

 チャートは、
「週足・日足・120分足・60分足・15分足・10分足・5分足・1分足」
を見ています。

 大きい時間足から順にトレンドラインを引いていき、大きい足でトレンドを捉えながら、小さい足でタイミングを計るイメージです。メインは、15分足としています。

 チャートに表示しているテクニカル指標は、ボリンジャーバンド、移動平均線(長短)、スローストキャスティクスです。

■エントリーについて。
高値(安値)を超えた(割れた)時、必ず逆指値注文でのエントリーとします。

 ここでの高値・安値とは、ここを超えれば数十pips動くと思われるポイントの高値・安値のことで、東京市場開場の前後に判断しています。あくまで個人の独断と偏見ですが。(笑)

■リミットについて。
必ずエントリーと同時に指値注文を出します。トレンドラインやフィボナッチリトレイスメントを参考に定めています。

 数時間に1回しか相場を見ることができませんが、見られる範囲で利益を追うトレードを意識しています。

■ストップについて。
必ずエントリーと同時に逆指値注文を出します。トレンドラインと長短の移動平均線、フィボナッチリトレイスメント(61.8%・38.2%)を参考に定めています。

 上記を基本としていますが、損切りと利益確定は、当初の注文より小さく変更することがあります。

 リミット注文やストップ注文の水準に届く前に、トレンド反転の印象を受けた場合が、それにあたります。特別にテクニカル指標などによって、ルールを定めている訳ではなく、あくまで自分の判断です。

 期間に関しては、デイトレードのつもりですが、リミット・ストップとも達しない場合、翌日に持ち越すこともあります。

トレード手法②,押し目・戻り型

 トレード判断に使う足は、①同様です。

■エントリーについて。
 大まかなトレンドを把握して、その方向に対しスローストキャスティクスの逆張りをします。

■リミットについて。
 リミットは設けません。1時間以上経過後に裁量で決済します。3時間以上は保持しません。

■ストップについて。
 必ずエントリーと同時に逆指値注文を出します。通貨・相場の状況によって損切り水準は変更しています。



 検証を繰り返す中でわかることがあれば、その都度書きたいと思います。

 ※本業の都合でチャートを確認できない時は、短期トレードも休みです。
スポンサーサイト

Tag : FX投資 ドル円 為替 円高 東京外国為替市場始値

お見えになった方々
プロフィール

義朗

Author:義朗
職業:ヒラリーマン
 ゆくゆくは、現状のサラリーマンの給料以上にFXで稼ぐことが目標です。
 為替相場に慣れる意味で、長期保有・スワップ狙いのゆるゆる投資をしていましたが、2008/3/17から短期トレードのみの戦略に転向しました。
 資金面やトレードに割ける時間など、自分に合った短期トレード手法を日夜探究しています。

カテゴリ
※「未決済」と「約定」は、短期トレードに移行した為、更新していません。
短期トレード獲得pips
※取引会社が0.1pipsまで対応。小数点あり。
※ロットに関係なく、エントリー毎の獲得pips合計。
2010年  -281.8 pips
2010年 5月 - pips
2010年 4月 -927.1 pips
2010年 3月 -730.6 pips
2010年 2月 1466.8 pips
2010年 1月 -90.9 pips
2009年  2329.7 pips
(詳細は、こちらを参照。
2008年  1224.9 pips
(詳細は、こちらを参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。