SponsoredLink
※IEでは、表示できない場合があります。(Firefox推奨)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のポジション(8/1)

※昨日のトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、米第2四半期GDP速報値発表直前につけた1ドル=108.34円を高値とし、発表直後から10分程度で80pips近く下落しました。その後若干戻して、現在は107円後半の水準になっています。

上値を試す中での指標下落となりました。
予想よりも悪い結果とは言え、1.9%のプラス成長でしたら、日本に比べればかなり高い水準だと思いますが・・・。(^^ゞ
大きく下がってしまいましたので、当面下落でしょうか?

短期トレードの方は、ことごとく損切りになってしまいました。
短期トレードのみの戦略に移行してからは、月次ベースで初めてのマイナスです。
さらには、-191.2pipsの内、-100pips以上が今週に出したマイナスとなっています。反省点の多いトレードばかりでしたが、今日から8月ということで、心機一転頑張りたいところです。(^^ゞ

8/1
東京外国為替市場始値
USD/JPY 107.70

短期トレード実績

7/30
-12.1pips x10,000(Short)
-14.5pips x10,000(Long)
19.0pips x10,000(7/29~Long)
-29.2pips x10,000(Long)
翌日持ち越しx10,000(Long)

7/31
4.9pips x10,000(7/31~Long)
-14.0pips x10,000(Short)
-6.1pips x10,000(Short)
-2.2pips x10,000(Long)
-35.8pips x10,000(Long)
-0.8pips x10,000(Short)
-17.8pips x10,000(Short)

※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

続きを読む »

スポンサーサイト

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

現時点での戦略(8/1)

 ここ一カ月は、前回の「現時点での戦略(6/13)」で挙げた弱点への対策通りにトレードできていたと思います。

 具体的には、エントリータイミングを慎重かつ大部分を逆指値で注文した上で、利益をとことん追求しました。

 しかし、結果は短期トレードのみに移行後、初めてのマイナス成績となってしまいました。

 最終日の7/31の負け分は、指標発表直後のトレードに慣れていない(無策に等しいカントレードでした(汗))にも係わらず複数回トレードしてしまったことが原因ですが、その分を差し引いたとしても、-120pips程度の負けです。

 前回の「現時点での戦略(6/13)」を踏まえて、ここ一カ月の敗因を検証したいと思います。

 まず前回同様、

 ①確実に損切りはできているが、回数が多い。

 前回は、エントリータイミングの悪さを原因に挙げましたが、今回そのあたりの対応は、気を付けていました。自信があると言えるほどではありませんが・・・。(^^ゞ

 個別に内容を見てみると、前回との違いが見えてきました。

 具体的には、前回の②を意識するあまり、利益が乗っても損切り水準を多少切り上げるに留め、深追いすることが多かったようです。

 例えば、含み益が40pipsの状態で、まだ上がる(下がる)と考え、リミットを+80pipsに引上げて、損切りは、-30pips→-20pipsに変更する場合です。翌日に持ち越したポジションの多くがこのパターンでした。
(大抵その後の就寝中に、損切り水準HIT(泣))

 損切り水準を少しの切り上げに留めるのは、一旦下がってから上昇する(押し目)場合を想定しているのですが、良く考えれば、押し目で再エントリーした方が効率がいいですね。短期トレードですし(笑)。

 そして何より、押し目でなくて転換だった場合に、一度大きな含み益を見てしまうと、楽観視してしまい客観的な判断が出来なくなっているようです。
(原因は私が未熟なせいですね(^^ゞ)

 つまり、利益を追う姿勢は、当然重要なことですが、目標水準の判定と損切り水準の切り上げ幅に問題があったと思います。

 それらを踏まえて、下記のように戦略を変更したいと思います。
(負けた割に僅かな変更ですが、自分にとっては戦略上、肝になる部分です。)





裁量トレードです。

USD/JPYで、一回のエントリーは、必ず1万ドル。
(同時保有2万ドルまで)

目標利幅は、臨機応変に定めます。

1日の目標は、最低でも10pipsです。

【トレード手法】

トレンドを見定めて、順張りする単純なトレードです。
(保ち合い離れに乗るなど)

チャートは、
「週足・日足・120分足・60分足・15分足・10分足・5分足・1分足」
を見ています。

大きい時間足から順にトレンドラインを引いていき、それらを参考に大きい足でトレンドを捉えながら、小さい足でタイミングを計るイメージです。メインは、15分足としています。

チャートに表示しているテクニカル指標は、ボリンジャーバンドと移動平均線(長短)のみです。


■エントリーについて。
逆張りエントリーをしない為に、必ず逆指値注文でのエントリーとします。
(高値を超えた時・安値を割れた時)

■リミットについて。
必ずエントリーと同時に指値注文を出します。トレンドラインやフィボナッチリトレイスメントを参考に定めています。
ボラティリティやトレンドの勢いから判断し、大きく取れそうな時は、ストップ注文と同時に切り上げます。その際のストップ注文は、0pipsの水準とします。
(まだ上昇(下降)すると予想しても、エントリー水準近くまでの押し目が想定される場合は、一旦利食います。)

■ストップについて。
必ずエントリーと同時に逆指値注文を出します。トレンドラインと長短の移動平均線、フィボナッチリトレイスメント(61.8%・38.2%)を参考に定めています。




 上記を基本としていますが、損切りと利益確定は、当初の注文より小さく変更することがあります。

 リミット注文やストップ注文の水準に届く前に、トレンド反転の印象を受けた場合が、それにあたります。特別にテクニカル指標などによって、ルールを定めている訳ではなく、あくまで自分の判断です。

 期間に関しては、スキャルピングに近いトレードで大きく取ることができれば一番いいと思っていますが、基本的には、デイトレードとしています。但し、リミット・ストップとも達しない場合で、かつ利益が乗っていれば、翌日に持ち越して利益拡大を狙います。


 検証を繰り返す中でわかることがあれば、その都度書きたいと思います。


 ※本業の都合でチャートを確認できない時は、短期トレードも休みです。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安

今日のポジション(8/5)

※昨日のトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、午前中に付けた1ドル=107.46円を底として、一時108.29円まで上昇しました。現在は、108円前半の水準になっています。

いよいよ6月につけた108.60円を試し、為替王様の言われている110円の目標値まで上昇するのでしょうか?

短期トレードの方は、そのような可能性を踏まえ利益を伸ばす目的で、昨日から1万ドルの買いポジションを持ち越しています(下記参照)。このポジションは、損切りになるか?110円まで上がるか?まで粘りたいと思います。(^^ゞ

8/5
東京外国為替市場始値
USD/JPY 108.22

短期トレード実績

8/1
-17.8pips x10,000(Short)
-19pips x10,000(Long)
11.8pips x10,000(Short)

8/4
41.3pips x10,000(Long)
翌日持ち越し x10,000(Long)

※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

今日のポジション(8/12)

※久しぶりの更新となってしまいましたが、トレードはしておりましので文末の結果を参照下さい。

昨日は、一時1ドル=109.50円まで下落する場面もありましたが、概ね110円を挟んでの値動きでした。現在は、110円前半の水準になっています。

為替王様の言われていたとおり、110円達成後は持合い相場となっています。

短期トレードの方は、下記の通り1回のトレードで130pips取れた日がありますので、なんとかプラスになっています。
日足で持ち合いと言っても数十pipsは上下しますので、短期トレードのチャンスは変わりない気もしますが、明確にトレンドができていない為に取りにくいですね。相場の状況に合わせて、トレード手法を変えられるようになりたいものですが、なかなか・・・。欲張らずに「休むも相場」ということでしょうか?(^^ゞ

8/12
東京外国為替市場始値
USD/JPY 110.11

短期トレード実績

8/5
-16.2pips x10,000(Long)
-4.8pips x10,000(Short)
35.0pips x10,000(8/4~Long)
-23.6pips x10,000(Long)

8/6
-22.7pips x10,000(Long)
-5.7pips x10,000(Short)
138.4pips x10,000(Long)

8/7
トレードなし

8/8
-19.6pips x10,000(Long)
翌日持ち越しx10,000(Long)

8/11
25.7pips x10,000(8/8~Long)
-13.0pips x10,000(Long)
-4.9pips x10,000(Short)
0.2pips x10,000(Long)
-19.6pips x10,000(Long)

※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

今日のポジション(8/13)

※昨日のトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、1ドル=110円前半で推移していましたが、19時頃から下落し続け、一時109.15円をつけました。現在は、109円前半の水準になっています。

110円達成からの揺り戻しのようですね。為替王様の言われている108円の円高目処で下げ止まるか、注意したいところです。

短期トレードの方は、2回エントリーしました。
どちらも夜からのトレンドができる前、夕方までのトレードでした。2回とも最大で20pips程度の含み益となった後、0pipsの損切りにかかってしまいました。

現時点での戦略(8/1)」の記事で書いた戦略の通り、損切り水準を切り上げた結果が、裏目に出てしまいました。

目標50pips程度のトレードの際は、細かい揺り戻しにかからぬよう、ストップはマイナス位置のままの方がいいのか、迷ってしまいますね。
結果論ですが、昨日のトレードで損切り水準をそのままにした場合、
(1回目のショートでの目標としていた70pips達成、損切りにかかっていない為、トレンド転換と判断せずに、2回目のトレードなし)
と、大勝でした。

相場状況に依ると思いますので、やり方を変えてしまうのは早計ですね。暫く様子を見て判断したいと思います。

8/13
東京外国為替市場始値
USD/JPY 109.30

短期トレード実績
※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

8/12
0.4pips x10,000(Short)
0.6pips x10,000(Long)

現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

今日のポジション(8/20)

※昨日までのトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、15:30頃につけた1ドル=110.30円を高値とし、109.59円まで下落しました。現在も同水準になっています。

為替王様は、今日のブログで、上値を超えられずに下落する可能性が出てきたと言われています。
その場合、円高方向の重要ポイントは109円前半とのことですが、私の予想では、108円半ば~後半が重要ポイントだと予想しています。
為替王様の予想と若干ずれていますが、どうでしょうか?

短期トレードの方は、少しずつですが、負け続けています。
月ベースでは若干のプラスですが、時間の問題な気もしますね。(^^ゞ

8/20
東京外国為替市場始値
USD/JPY 109.67

短期トレード実績
※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

8/13
-22.9pips x10,000(Long)

8/14
トレードなし

8/15
トレードなし

8/18
-11.0pips x10,000(Short)
-20.2pips x10,000(Long)
翌日持ち越しx10,000(Short)

8/19
18.7pips x10,000(8/18~Short)
10.1pips x10,000(Long)
-33.6pips x10,000(Long)
0.1pips x10,000(Short)


現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

今日のポジション(8/21)

※昨日のトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、1ドル=109円後半で推移していましたが、夕方から上昇し、一時110.20円程度まで上昇しました。現在は、再び110円を割れて、109円後半の水準になっています。

ここ数日、為替王様の言われている通りの持ち合いが続いています。どちらにブレイクするにしても、その流れに乗れるよう、注意したいところです。

短期トレードの方は、勝ちトレードでした。
取れた値幅は少ないですが、値動きも少ない日(高値と安値の差が60銭程度)でしたので、自分では取れた方だと思います。
今月は、なんとか先月のリベンジをしたいと思っていますが、なかなか利益が伸びません。今日を含めてあと7日しかありませんが、少しでもプラスになるように頑張りたいと思います。

8/21
東京外国為替市場始値
USD/JPY 109.73

短期トレード実績
※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

8/20
23.9pips x10,000(Long)

現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

今日のポジション(8/26)

※昨日のトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、10時頃付けた1ドル=110.30円が高値となり、下落し続けました。安値は、109.06円と1円以上の下落でした。現在も109円前半の水準になっています。

為替王様の言われていますとおり、昨日も110円台の壁を超えられませんでした。この急落が、上昇トレンド転換になるか、見定めたいところです。

短期トレードの方は、夕方にショートでエントリーし、含み益が20pips程度出たあたりでストップを0pipsの水準に切り上げた後、揺り戻しで約定してしまいました。
ストップを当初の幅にしておけば、深夜に目標達成となり、50pipsで利益確定だったのですが・・・まだまだですね。

8/26
東京外国為替市場始値
USD/JPY 109.34

短期トレード実績
※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

8/21
トレードなし

8/22
30.7pips x10,000(Long)

8/25
0.7pips x10,000(Short)


現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

今日のポジション(8/29)

※昨日のトレード結果は、文末を参照下さい。

昨日は、16時頃につけた108.82円を安値として上昇し、一時的な急落の場面もありましたが、109.71円をつけました。現在は、109円半ばの水準になっています。

為替王様の言われているように、日増しに110円の壁が強くなっているように見えます。どちらにブレイクするにしろ、数円単位で動きそうですね。流れに乗れるように注視したいと思います。

短期トレードの方は、3回エントリーして全てプラスでした。複数回トレードして全てプラスというのは、記憶にないくらい久し振りです。
しかしまだ先月のマイナス分を取り返せていない状況ですので、今月最後の今日、少しでも利益を増やしたいところです。

8/29
東京外国為替市場始値
USD/JPY 109.43

短期トレード実績
※決済した順になっています。
※取引会社が0.1銭まで対応した為、小数点が出る場合があります。

8/26
トレードなし

8/27
トレードなし

8/28
15.3pips x10,000(Short)
11.0pips x10,000(Short)
40.4pips x10,000(Long)

現在の戦略は、こちらを参照。

現在の未決済ポジションの詳細は、こちらを参照。

私がFX投資で師事している為替王様のBlogは、こちらを参照。

Tag : FX投資 ドル円 円高 為替 円安 東京外国為替市場始値 トレード記録

お見えになった方々
プロフィール

義朗

Author:義朗
職業:ヒラリーマン
 ゆくゆくは、現状のサラリーマンの給料以上にFXで稼ぐことが目標です。
 為替相場に慣れる意味で、長期保有・スワップ狙いのゆるゆる投資をしていましたが、2008/3/17から短期トレードのみの戦略に転向しました。
 資金面やトレードに割ける時間など、自分に合った短期トレード手法を日夜探究しています。

カテゴリ
※「未決済」と「約定」は、短期トレードに移行した為、更新していません。
短期トレード獲得pips
※取引会社が0.1pipsまで対応。小数点あり。
※ロットに関係なく、エントリー毎の獲得pips合計。
2010年  -281.8 pips
2010年 5月 - pips
2010年 4月 -927.1 pips
2010年 3月 -730.6 pips
2010年 2月 1466.8 pips
2010年 1月 -90.9 pips
2009年  2329.7 pips
(詳細は、こちらを参照。
2008年  1224.9 pips
(詳細は、こちらを参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。