SponsoredLink
※IEでは、表示できない場合があります。(Firefox推奨)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マーケットの魔術師」

 「マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣:ジャック・D・シュワッガー(著)横山直樹(訳)」を読み終えました。

 大成功したといっても過言ではないトップトレーダーへのインタビュー記事がつづられています。手法もターゲット市場も違うトレーダーが、「成功のカギとなる要素は何か」「他のトレーダーに対するアドバイス」などについて、共通点のある回答をしているところが興味深く、読み進める上で様々な気づきがあります。(内容の詳細については、様々な書籍・ブログにて引用されているため割愛します。)

 よく、成功するためには、成功者と付き合え(金持ちになりたければ貧乏人とは付き合うな(笑))と言われますが、一般人にはなかなか難しいと思います。この本はトレードでの成功者ばかりの生の声を聞けますので、日常的に何度も読めば、その辺りの効果も期待できそうですね(笑)。


スポンサーサイト

Tag : FX投資

「投資の王道」

 「投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]:新井 邦宏 (著)」を読みました。

 まず思ったのは、前半部分で、FX業者の取引約款の解説にかなりのページを使っていて、他の本とは異質な内容となっています。この本の発行当初、杜撰な業者が横行していた背景が伺えますね(笑)。

 後半部分は、一目均衡表を使った相場解説と資金管理について書かれていて、1冊で口座開設からトレードまでトータルな内容となっています。

 ただ個人的には、一目均衡表についての記述にもっとページを割いて欲しかったですね(現状は50ページ程度)。私はすでにトレード経験がありますので、一目均衡表の部分しか目新しい内容がありませんでした。

 一目均衡表をすでに使っている人は、あまり学ぶ点の少ない本となっています(汗)



Tag : FX投資

「ジェシー・リバモア」

 「世紀の相場師 ジェシー・リバモア:リチャード・スミッテン(著)」を読みました。

 株式投資でグレードベアと呼ばれた伝説の相場師リバモアの伝記です。
 14歳でわずか5ドルを元手に株式投資の世界に入り、1929年の世界恐慌時には空売りで1億ドル以上(現在の価値だとどれくらいの額か想像がつきません(笑)。)稼ぎ出し、その後ピストル自殺するまでの半生が描かれています。

 小説としても面白いですが、生涯で幾度もの破産経験を経て編み出した、「ピボタル・ポイント理論」や資金管理の法則など、リバモアが独自に築いた投資理論が書かれていて、株と言わずFXを含めて投資全般に役立つ内容だと思います。

 いつかリバモアのように、膨大な金額を動かしてみたいものです。(笑)




Tag : FX投資

「デイトレード」

 為替鬼様(FXスキャルの達人!)のお薦め書籍、「デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術:オリバー・ベレス(著)」を読みました。

 トレーダーの心理面について書かれた本で、デイトレ以外の人でも大変為になる本です。これからトレードをする人に特にお薦めですが、ある程度のトレードを経験した後でないと効果がないかもしれません。

 というのも、トレードを始めた当初は、心理面が一番大切だと聞いても、儲かるトレード手法の方を求めてしまうと思います。ある程度の損失を経験した後であれば、気づきも多く、トレードに直接役立ちます。

 私も損失を経験し、短期トレードに転向後に読みましたので、大変腑に落ちました。(笑)



Tag : FX投資

「はじめてのテクニカル分析」

 為替王様が推薦図書として紹介していた、「はじめてのテクニカル分析―相場の正しい捉え方:林 康史 (著)」を読みました。

 「はじめての~」という割に全く初心者向けではない内容(個人的には)に驚きましたが、良本です。様々なテクニカル分析の用法・解説だけでなく、リスク管理やピラミッディングなど、内容は多岐に渡ります。名前だけは聞いたことがあるというようなテクニカル分析についてどういう性質があるかを理解するのに役立ちました。私は、理解できないと覚えられない性分ですので。(笑)

 特に、テクニカル分析について、こうすれば儲かる的な記述ではなく、こういう使い方がある、と言うような書かれ方が教科書として最適な印象です。
 
 週間成績が芳しくなかった時は、必ず週末に読み返しています。


Tag : FX投資

お見えになった方々
プロフィール

義朗

Author:義朗
職業:ヒラリーマン
 ゆくゆくは、現状のサラリーマンの給料以上にFXで稼ぐことが目標です。
 為替相場に慣れる意味で、長期保有・スワップ狙いのゆるゆる投資をしていましたが、2008/3/17から短期トレードのみの戦略に転向しました。
 資金面やトレードに割ける時間など、自分に合った短期トレード手法を日夜探究しています。

カテゴリ
※「未決済」と「約定」は、短期トレードに移行した為、更新していません。
短期トレード獲得pips
※取引会社が0.1pipsまで対応。小数点あり。
※ロットに関係なく、エントリー毎の獲得pips合計。
2010年  -281.8 pips
2010年 5月 - pips
2010年 4月 -927.1 pips
2010年 3月 -730.6 pips
2010年 2月 1466.8 pips
2010年 1月 -90.9 pips
2009年  2329.7 pips
(詳細は、こちらを参照。
2008年  1224.9 pips
(詳細は、こちらを参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。